Canva

【Canva】テンプレートで簡単!ブログのアイキャッチデザイン例5選+α

【Canva】テンプレートで簡単!ブログのアイキャッチデザイン例5選+α

前回のCanva記事「テンプレートとアップロード画像を組み合わせてアイキャッチをつくる方法」に続いて、Canvaを使いこなすぞ企画第4弾。

当ブログでも、アイキャッチの5割くらいはCanvaを使ってます。

テンプレートが豊富なので、自分で一から考えることなく、デザインを簡単に決めれられるんですよね。

「画像と文字だけじゃさみしいな」というとき、デザインパターンを知ってるとアイキャッチづくりも簡単にできちゃうんです。

デザインパターンと言ってもむずかしいことではなく、あなたも使ってるはず。

例えば以下のように、白い四角の上に文字をのせてるとか。

【Canva】テンプレートで超簡単にアイキャッチを作る方法

アイキャッチに図形を使ってるパターン、多いんじゃないでしょうか?

そこで今回は、アイキャッチのデザインパターンについて以下の5つをご紹介します。

  1. 四角に文字をのせる
  2. オビに文字をのせる
  3. 線で囲む
  4. 2色使い
  5. 写真を小さく

ちなみに、この記事でご紹介するアイキャッチはCanvaのテンプレートをそのまま、もしくはアレンジしてつくったものです。

Canva

1.四角に文字をのせる

先ほどもご紹介した、四角い図形に記事タイトルをのせるパターンです。当ブログでも多く使用してます。

簡単できれいに見せられるのが特徴です。四角だと文字をのせやすいですから。

「いろいろ覚えるのは面倒だ!」というあなたは、四角に文字をのせるパターンだけ知っておけば問題なし

いちばん簡単なのは、画像の中央に四角をのせるパターンです。

女性におすすめのWordPressテーマでブログをおしゃれにしよう

アイキャッチを考える時間がなければ、中央に四角パターンを使い倒すのがおすすめ。

背景の画像が白っぽい色、明るい色の場合、四角は濃い色にします。

WordPressプラグインをインストール・停止・更新する方法

もちろん、カラーの四角でもOK。

アクセントになる色を使うと、おしゃれ度アップですね。

3ステップで簡単!記事タイトルをつける方法

左端にある花と同じ色の四角にしてみました。

背景がイラストでも使えます。以下はCanvaテンプレートをそのまま利用したアイキャッチ。

AddQuicktagは不要!Gutenbergの「再利用ブロック」を使おう

中央に四角を配置したときは、文字も中央揃えに。

他の人とかぶらないアイキャッチをつくりたいあなたは、四角の位置を変えるといいですよ。

ブログが重くなる?WordPressで絵文字を使っちゃダメな3つの理由
女性も稼ぐ力があれば選択肢は広がる

四角を左側に配置したら、文字は左揃えに。

四角に文字をのせるときのポイントは別記事でも書いてます。

【Canva】四角に文字をのせるアイキャッチデザイン3つのポイント」もよかったら読んでみてくださいね。

2.オビに文字をのせる

オビとは横長の細い四角のことで、簡単なデザインパターンのひとつです。

【立ちPC】スタンディングデスクを2週間使った感想

特に、中央にオビをのせれば99%きれいにまとまります。

背景画像を見せたい場合は、オビを下に持っていきます。

もっとブログが書きたくなる!セルフイメージを高める3つの方法

上記画像は、オビを黄色っぽい白にしてます。背景画像のライトが黄色なので。

また、シンプルな背景にはカラーのオビが合いますね。

ブログのデザイン変更は10分で終わらせよ

文字に合わせてオビの長さを変えるのもありです。

記事タイトルが短い場合は、オビも短くするといいですね。

3.線で囲む

あら不思議、線で囲んだだけなのにアイキャッチになっちゃうんです。

キングスライムカラーで仕上げました。

WordPressのパーマリンクを設定して検索されるブログにしよう

外枠と文字だけのアイキャッチなら、デザインの勉強なんてしなくてもつくることが可能。

時間がないときに使ってほしいデザインパターンです。

WordPressのカテゴリーを設定して記事を分類しよう

こちらは癒しの帝王、スライムベホマズンカラー。

シンプルなデザインなので、昔の映画で使われてたような特徴的なフォント「しねきゃぷしょん」を使ってみました。

上記は、枠・文字・背景の色を変えれば無限にアイキャッチができてしまう、とっても便利なデザインですよ。

また、枠線を写真の上に重ねると、おしゃれな感じに仕上がります。

脱・雑記ブログ!「ゆる特化ブログ」のススメ

こちらも、背景画像を変えれば無限にアイキャッチがつくれちゃいます。

4.2色使い

記事タイトルを印象付けたいなら、画像なしの2色使いアイキャッチがおすすめ。

中間色でおしゃれに仕上げましょう!

【Canva】テンプレートで簡単!ブログのアイキャッチデザイン例5選+α

パッと見ただけで記事タイトルがわかりますね。

どうやら「しねきゃぷしょん」というフォントがお気に入りのようですw

色選びで印象を変えられるのが2色使いの特徴。

モノトーンならかっこよく仕上がります。

WordPressでゼロから記事をアップするまでの手順をまとめてみた

色選びがむずかしいと感じてるあなたは、Canvaテンプレートをそのまま使うのがおすすめ。

おしゃれな色を選んでくれてますから。

タイトルに「刺さる」と入ってるので、刺激的な2色を選んだのが以下アイキャッチ。

ノウハウ記事より感情を込めた記事が刺さる

自分で色を選びました。派手な色で遊ぶのも楽しいですよ。

Canvaテンプレートの多くは海外の人がつくってるので、日本人はやらないような配色も多いですね。

見慣れない配色だと目に付きやすいかも。

5.写真を小さく

写真画像をアイキャッチ全体に貼り付ける必要はないんです。

超簡単!クラシックエディタの記事を【Gutenberg】に変える方法

アイキャッチのアクセントとして、小さい写真を入れるものありです。記事タイトルが読みやすいですし。

以下は、落ち着いたピンク色のソファと、スモーキーなパープルの背景色。大人の女性向けアイキャッチに仕上げました。

女性初心者必見!簡単にWordPress(ワードプレス)でブログを始める方法

画像の印象と背景色が与える印象を合わせると、うまくまとまりますね。

タイトルに「中間色」と入ってるので、中間色を使っておしゃれな雰囲気にしてます。

ブログは中間色でいい感じになる

主役は記事タイトルで、引き立て役として画像を使ってみましょう。

おまけのデザイン例

ここまで5つのデザイン例をご紹介しました。すでにお腹いっぱいでしょうか。

プラスアルファとしてやや中級者向けの2つのデザイン例をご紹介。

いつもとちがうアイキャッチをつくりたいあなたにおすすめです。

まるに文字をのせる

記事タイトルが短い場合に使えるのが、まるに文字をのせるデザイン。

またまた登場「しねきゃぷしょん」w

四角よりもインパクトがありますね。

まるを左側に寄せてもいいですね

WordPressで複数ブログを運営するコツと方法は?

四角よりもソフトな印象です。

ななめに区切る

まっすぐに区切るのは物足りないという場合、ななめに区切るのもありです。

【Canva】テンプレートとアップロード画像を組み合わせてアイキャッチをつくる方法

上記は、Canvaテンプレートの色と画像を変えてアレンジしたアイキャッチです。

画像によっては、ななめに区切った方が見栄えがよかったりするんですよね。

Canvaテンプレートを使い倒そう

今回は、Canvaテンプレートを使ったアイキャッチのデザインパターン5つと、おまけの2つをご紹介しました。

初心者でも簡単につくれるアイキャッチのデザインパターン

  1. 四角に文字をのせる
  2. オビに文字をのせる
  3. 線で囲む
  4. 2色使い
  5. 写真を小さく

Canvaのテンプレートを使えば、ブログ初心者とは思えない、おしゃれなアイキャッチを無限につくることができます。

簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

Canva

Canvaを使いこなせるあなたが次に勉強するのは、ビジネスの基礎です。今の仕事以外からも収入を得られるようになると、人生の選択肢は広がりますから。

ビジネスの基礎知識はビジネスのプロから学ぶのがいちばん。

詳しくは「デザインだけじゃダメ?ブロガーがビジネスを学べる無料動画」という記事でお伝えしてるので、よかったら読んでみてくださいね。

ではでは。

ただ書くだけじゃブログ稼げない
ビジネスの勉強をしますか?

POSTED COMMENT

  1. アバター みふみ より:

    とっても参考になります!

    シンプルでおしゃれなアイキャッチ作れるようになりたいので、ブクマさせていただきました。

    ありがとうございます♬

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です