WordPress

【Gutenberg】超簡単!クラシックエディタの記事をブロックエディタに変える方法

超簡単!クラシックエディタの記事を【Gutenberg】に変える方法
こんにちは! Webデザイナーのアズサ(@azusascom)です。

最近Gutenbergをいじっております。過去記事をクラッシクエディタからGutenbergに変更してるんですが、これが思ったよりも簡単。

クラッシックエディタのサポートもいつまで続くかわかりません。記事数が少ないうちに変更してしまう方が時間はかかりませんよね。

ということで今回は、クラッシックエディタの記事をGutenbergに変える方法をお伝えします。

クラッシックエディタからGutenbergに変更する方法

以下条件でエディタを変更する手順をご紹介しますね。

  • WordPressバージョン5.0以上
  • プラグイン「Classic Editor」を使用中

まず、エディタを変更する記事を選びます。変更中はレイアウトが多少崩れるかもしれないので、PV数が少ない記事を選ぶといいですね。

WordPress投稿一覧画面

変更する記事が決まったら、記事一覧でタイトルにカーソルを合わせて「編集(ブロックエディター)」をクリックします。

ブロックエディター編集画面

タイトル以下、本文が「クラシック」という枠で囲まれてるのが確認できます。どこでもいいので枠内をクリックしてください。

ブロックエディター編集画面 詳細設定ボタン

クリックすると、見慣れてるビジュアルエディタが表示されます。同時に、エディタに点が縦に並んだ「詳細設定ボタン」が表示されるので、クリックします。

ブロックエディター編集画面 詳細設定

いくつかの項目が表示されたら、「ブロックへ変換」をクリックします。

ブロックエディター編集画面 ブロックへ変換後

ブロックに変換されました。ビジュアルエディタが消えてますね。

一旦保存して、プレビュー画面で確認してみましょう。

ブロックエディター編集画面 保存とプレビュー

まずは「Ctrl」キーと「s」キーを同時に押して保存します。そして、画面右上の「プレビュー」をクリックします。

プレビュー画面

レイアウト崩れなどないか確認してくださいね。

改行で余白をつけてた場合の対処法

余白をつけるとき、今まで改行を使ってませんでしたか?

Gutenbergの場合、改行で余白を作ることはできません。文字が入ってない空白のブロックは存在しない仕様なので。

ブロックに変換して余白が消えてしまったら、「スペーサー」ブロックを追加しましょう。

ブロックエディター編集画面 ブロックの追加

余白をつけたい場所にカーソルをあわせると「+マーク」が表示されるので、クリックします。

ブロックエディター編集画面 レイアウト要素

「レイアウト要素」の「スペーサー」を選択します。

ブロックエディター編集画面 スペーサー

画面右側の「余白の設定」にある数値を変更して、お好みの余白を設定します。

最後に「Ctrl」+「s」で保存し、プレビュー画面で確認してくださいね。

まずは1記事Gutenbergに変えてみて

今回は、クラッシックエディタの記事をGutenbergに変える方法をお伝えしました。

  • 基本「ブロックへ変換」を押すだけでOK。
  • PV数が少ない記事で試す。
  • 余白は改行ではなくスペーサーブロックを使う。
  • 必ず保存してからプレビュー画面で確認する。

いつかはGutenbergに変えることになるので、早く変更した方が楽です。

とっても簡単な操作なのでやってみてくださいね。

ではでは。

稼ぐ力を身につけて運命を変えよう!
ビジネスの勉強、試してみる価値あるかも。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です