JIN

JINユーザーはプラグイン「Classic Editor」で応急処置

JINユーザーはプラグイン「Classic Editor」で応急処置

WordPress5.0にアップデート!

新エディタ「Gutenberg」が実装されました。

しかし、WordPressテーマ「JIN」を使ってるとこんなことに。

WordPress5.0アップデート後編集画面

見た目がかなり変わりましたね。画面右上に更新ボタンが固定されてるのは便利。

下にスクロールしてみましょう。

WordPress5.0アップデート後編集画面の不具合

赤枠で囲った部分、ボックスデザイン一覧とか画面に被っちゃって編集できない(/ω\)

でも大丈夫。プラグインを使えば旧バージョンの編集画面で作業できちゃうんです。

プラグイン「Classic Editor」をインストールしよう

JINの開発者ひつじさんは、こんなツイートをしてます。

JINはまだGutenbergに対応してないとのこと。

やっぱりそうだったか^^;

対応されるまでは、ひつじさんが推奨してるプラグイン「Classic Editor」を使うのがいいですね。

早速インストールしてみました。

Classic Editorインストール後の編集画面

よかった。もとに戻った。

これで今までどおり、ブログを書けますね。

プラグインのインストール方法は「プラグインをインストール・有効化する方法」という記事に書いてますので、ぜひ読んでみてくださいね。

アップデートは慎重に

WordPressのアップデートでは、仕様が大きく変わる場合があります。

「アップデートしてください」というお知らせが出てたら、バックアップを取ってからアップデートを行ってください。

簡単なアップデート方法は『プラグイン「UpdraftPlus」で超簡単にバックアップを取る方法』という記事で紹介してるので、よかったら読んでくださいね。

それと、すでにアップデートした人がネット上でコメントしてるので、TwitterやGoogleで検索するのもおすすめです。どこが変更されるか事前に分かるので。

今回は以上です。

ではでは。

稼ぐ力を身につけて運命を変えよう!
ビジネスの勉強、試してみる価値あるかも。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です