JIN

【JIN】Twitterカードの設定と表示確認の方法

JIN Twitterカードの設定と表示確認の方法

ブログを始めると「Twitterもやってみよう」と考える人が多いですね。Twitterとブログは相性が良いですから。

Twitterでブログ記事を紹介してる場合がありますが、文字列のリンクだけの人や大きな画像のリンクを使ってる人など、いろんなタイプのリンクを見かけませんか?

Twitterは基本文字でつぶやく場所。気軽に文字だけで投稿している人が多いです。

文字ツイートの中に大きな画像付きのツイートがあると目立つんですよね。例えば、以下のような感じです。

大きな画像付きのツイートの例

目立つとクリックしたり、記事を読んでもらえる可能性が上がるんです。

反対に、文字列のリンクだと目立たないのでスルーされてしまうんですよね。面白い記事を書いても、設定してないだけの理由で読んでもらえないのは非常にもったいないです。

そこで今回は、画像付きで記事URLを投稿する「Twitterカード」について、WPテーマ「JIN」での設定方法をご紹介します。

以下を読んで設定すると、Twitter経由で記事を読んでくれる人が増えますよ。

Twitterカードは「画像付きリンク」

Twitterカードとは、簡単に言うと画像付きリンクのことです。

Twitterカードを設定してない場合、記事へのURLを貼り付けると以下のように表示されます。

Twitterカードを設定してない場合

ただURLが記載されてるだけだと、目に留まることはむずかしい。つぶやいた自分でも見逃してしまいます。

でもTwitterカードを設定しておけば、URLを貼り付けただけで以下のように表示されるんです。

Twitterカードを設定してる場合

画像があると注目しちゃいますよね。

twitterカードには、ブログへのURLと共に以下を表示することができるんです。

  • アイキャッチ画像
  • 記事タイトル
  • 説明文

Twitterは文字数制限があります。

記事タイトルや説明文を普通に入力すると、140文字を超えてしまうかもしれません。

でも、URLは一律「11.5文字計算」。

画像・タイトル・説明文を12文字で表現してくれるなんて、ありがたい機能ですよね。

たっぷり活用しましょう。

【JIN】Twitterカードの設定方法

WordPressテーマ「JIN」を使ってるなら、Twitterカードの設定はWordPress上で行えるので簡単ですよ。

設定する項目は以下。

  • トップページのOGP画像
  • Twitterのユーザー名
  • Twitterのカードタイプ
  • TwitterのURL

トップページのOGP画像

WordPress管理画面「外観」の「カスタマイズ」を選択します。

「SNS設定(OGP)」をクリック

「SNS設定(OGP)」をクリックします。

「トップページのOGP画像」とは、トップページのURLをシェアしてもらったときに表示される画像です。

いつ誰がシェアしてくれるかわかりませんから、早めに設定することをおすすめします。

「画像を選択」をクリックします。

トップページのOGP画像設定

設定したい画像を選択すると、該当の画像が表示されます。

トップページのOGP画像設定後

Twitterのユーザー名

誰かがTwitterでシェアしてくれたとき、自分のアカウントに通知を送ることができます。

Twitterのユーザー名入力

※設定は任意です。

Twitterのカードタイプ

Twitterでシェアされるときのカードタイプを選択します。

Twitterのカードタイプ選択

実際の表示は以下のようになります。

summary(小さめ)

summary(小さめ)

summary_large_image(大きめ)

summary_large_image(大きめ)

画像が小さめだと、アイキャッチの端が切れてしまいますね。

「summary_large_image」のほうが画像が大きくて目立つのでおすすめです。

TwitterのURL

TwitterアカウントURLを登録しておくと、ブログからSNSに誘導することができます。

TwitterのURL入力

設定すると、サイドバープロフィールやヘッダーにTwitterアイコンが表示されます。

サイドバープロフィールのアイコン

Twitterアイコンをクリックして、自分のタイムラインが表示されれば設定完了です。

Twitterカードの表示を確認する方法

記事URLをツイートしたときTwitterカードがどのように表示されるのか、確認したい場合は「Card validator」というツールを使ってみてください。

Card validator

使い方も簡単です。

Card validatorにURLを入力

赤枠部分に記事URLを入力して、「Preview card」ボタンを押すだけ。

Card validator表示確認

問題なければTwitterで記事を拡散してくださいね。

Twitterのカードタイプを変更した直後は、変更が反映されない場合があります。5分くらいおいてから「Card validator」でチェックしてみてください。

1ツイート1Twitterカード

Twitterカードの注意点として挙げられるのは、1つのツイートにTwitterカードは1つだけ設定できる仕様になっていることです。

複数のURLを一度につぶやくと以下のようになります。

複数のURLを一度につぶやいた例

最後に記載したURLがTwitterカードになります。

ツイートするときは、特に読んでほしい記事URLを最後につぶやくのがおすすめ。

Twitterカードでブログ紹介ツイートを目立たせよう

今回は、JINでTwitterカードを設定する方法をお伝えしました。

  • Twitterカードとは「画像付きリンク」のこと。
  • Twitterのカードタイプは大きな画像がおすすめ。
  • 「Card validator」というサイトでTwitterカードの表示を確認できる。

細かい部分の設定になりますが、Twitterで注目を集めるのは重要なこと。

JINなら簡単に設定できるので、ぜひ活用してくださいね。

WordPressテーマ「JIN」については、他にも設定関係の記事を書いていますので、よかったら読んでみてください。

JIN一覧

ではでは。

ただ書くだけじゃブログ稼げない
ビジネスの勉強をしますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です