WordPress

WordPressで引っ越しとバックアップができるプラグイン「All-in-One WP Migration」の使い方

WordPressで引っ越しとバックアップができるプラグイン「All-in-One WP Migration」の使い方

ブログを続けていると、新しいドメインに引っ越ししたいと思うときがあるんですよね。

新たにアフィリサイトを作ってみるとか、雑記ブログを分解してテーマごとに別ドメインで運営するとか。

FTPソフトに慣れていないと、引っ越しに失敗してWordPressの画面が真っ白なんてことも。

そんなときに便利なのが「All-in-One WP Migration」というプラグインです。

無料だし、バックアップを取ることも可能だし、とにかく簡単に使えるんです。

今回は、All-in-One WP Migrationの使い方をお伝えします。

以下を読めば、「自分のブログがおかしくなった・・・」状態を回避できますよ。

プラグイン「All-in-One WP Migration」の特徴

All-in-One WP Migration は、WordPressテーマ・記事・画像などWebサイト構築に必要なデータを簡単にエクスポート・インポートできるプラグインです。

WordPressサイトから別のWordPressサイトへ、データをコピペできるプラグインだと思ってくださいね。

例えば「abc.com」というドメインでサイトを運営していたとして、「def.com」というドメインへサイトをまるごと引っ越ししたい場合に All-in-One WP Migration を使います。

All-in-One WP Migrationの役割を解説した図

Web関係の仕事をしている人は、FTPソフトでデータを移行させます。

でも、ブログ初心者さんにはちょっとむずかしい。「FTPソフト」って聞いただけで拒否反応を示す人もいますから。

All-in-One WP Migration なら簡単です。以下3ステップで引っ越しできます。

  1. All-in-One WP Migration のインストール
  2. サイトデータをエクスポート
  3. サイトデータをインポート

操作は数回クリック&ドラッグだけなので、安心して使えるんです。

おまけにバックアップも取れるすぐれもの。

当ブログでは、テスト用サイト構築のために使用しています。

引っ越し先のURLを設定したりリンクURLを書き換える必要もなし。プラグインが自動で対応してくれます。

プラグイン「All-in-One WP Migration」のインストール

まずはプラグインのインストールですね。

プラグイン新規追加画面で「All-in-One WP Migration」と検索し、インストール・有効化します。

All-in-One WP Migration追加画面

有効化すると画面左側に「All-in-One WP Migration」が表示されます。

ダッシュボードメニューAll-in-One WP Migration

重要なのは、引っ越し元と引越し先の両方に All-in-One WP Migration をインストールしておくことです。

データのエクスポートは引越し元のWordPressサイト、データのインポートは引っ越し先のWordPressサイトで行いますので。

両方のWordPressサイトにインストールしておいてくださいね。

なお、プラグインについては「WordPressプラグインをインストール・停止・更新する方法」という記事でインストール手順などを説明しています。

ぜひ読んでみてください。

サイトデータをエクスポートする方法

ここからは All-in-One WP Migration の使い方について説明していきます。

まず、引っ越し元のデータを自分のパソコンにダウンロードします。

画面左側「All-in-One WP Migration」の「エクスポート」をクリックします。

ダッシュボードメニューのAll-in-One WP Migrationエクスポート

「エクスポート先」ボタンを押します。

サイトをエクスポートのエクスポート先

「ファイル」をクリックします。

エクスポート先のファイルを選択

少し待つと「ダウンロード」ボタンが出てくるので、クリックします。

データダウンロードボタン

ダウンロードが終わったら「閉じる」を押してくださいね。

これでエクスポートは完了です。

検索・置き換えとは

「検索 <文字列> 置換 <別の文字列> データベース内」という部分は基本使いません。

データベース内の特定の文字列を別の文字列に置き換える場合、入力します。

サイトをエクスポートの検索・置き換え

高度なオプションとは

データ容量が多い場合、エクスポートする項目を絞って容量を減らすことができます。

All-in-One WP Migration の無料版は、インポートできる最大ファイルサイズが512MB。

ダウンロード前にファイルサイズが表示されるので、512MB以上になった場合は高度なオプションを使います。

サイトをエクスポートの高度なオプション

3つを選択しただけで「357MB」が「88MB」に減りました。

データサイズが減った画像

メディアライブラリ(画像)をエクスポートしないだけで、サイズは相当抑えられます。

サイトデータをインポートする方法

自分のパソコンにダウンロードしたデータを別のWordPressへインポートします。

画面左側「All-in-One WP Migration」の「インポート」をクリックします。

ダッシュボードメニューAll-in-One WP Migratioのインポート

エクスポートしたファイルをドラッグ&ドロップします。

エクスポートしたファイルをドラッグ&ドロップ

データを上書きする場合は「バックアップを取ってください」という注意画面が出ます。「開始」をクリックするとインポートが行われます。

「サイトをインポートしました」と表示されたら「パーマリンク構造を保存するをクリックします(後で保存しても構いません)。

サイトをインポートしました。

※「データベースの更新が必要です」という画面が表示されたら、更新ボタンを押します。

ログイン画面が表示されます。

WordPressログイン画面

移行元のユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。

※メールアドレス認証に関する画面が表示されたら、「後で通知する」をクリックして先に進んでください。

パーマリンク設定画面が表示されます。

WordPressパーマリンク設定画面

パーマリンクが引っ越し先のものに変更されているので、「変更を保存」をクリックします。

サイトを確認して問題なければ、引っ越し完了です。

「サイトの最大アップロードサイズを超過しています」と表示されたときの対処法

最大アップロードサイズの初期値は「100MB」です。

サイトのインポートの最大アップロードサイズ

100MB以上のファイルをアップロードしようとすると警告文が表示されます。

サイトの最大アップロードサイズを超過しています

上記画像が出たときは、無料でファイルのアップロードサイズを上げましょう。

ファイルアップロードサイズを上げる方法」をクリックします。

サイトの最大アップロードサイズを超過しています
Blog The latest news from ServMask Support team.

「Blog The latest news from ServMask Support team.」という英語のサイトへ移動すると、アップロードサイズを上げる方法が4つ紹介されています。

  1. .htaccessファイルを編集する
  2. wp-config.phpファイルを編集する
  3. 契約しているプロバイダに問い合わせる
  4. 専用プラグインを使う

いちばん簡単な「専用のプラグインを使う」がおすすめです。

①と②はブログ初心者さんにはむずかしい。③は問い合わせて解決できるか不明。

④の専用プラグインなら、すぐ簡単に対応できます。アップロードサイズが100MBから512MBへ増えますよ。

以下、専用プラグインのインストール方法です。

「4. Use plugin」のリンク「https://import.wp-migration.com」をクリックします。

Blog The latest news from ServMask Support team.のUse plugin

「All-in-One WP Migration Import」というページで、Basic の「Download」ボタンを押します。

All-in-One WP Migration Import

「all-in-one-wp-migration-file-extension.zip」というファイルがダウンロードされます。

フォルダを確認

引っ越し元のWordPressダッシュボードで、「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

ダッシュボードメニューのプラグイン新規追加

「プラグインのアップロード」ボタンを押します。

プラグインの追加のプラグインのアップロード

先ほどダウンロードしたzipファイルをドラッグするか、「ファイルを選択」ボタンからzipファイルを選択します。

ダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップ

ファイル名が表示されたら「今すぐインストール」ボタンを押します。

アップロードしたファイルをインストール

「プラグインを有効化」をクリックします。

プラグインを有効化

再度「All-in-One WP Migration」の「インポート」を開きます。

サイトのインポートの最大アップロードサイズが増えた

最大アップロードサイズが512MBに変わりましたね。

バックアップとして使う方法

バックアップ用プラグインとして使うことも可能です。WordPressアップデート前に使うのがおすすめ。

パソコンにデータをダウンロードしておけば、WordPressの画面が真っ白になったときでも復元できますよ。

画面左側「All-in-One WP Migration」の「バックアップ」をクリックします。

ダッシュボードメニューAll-in-One WP Migrationのバックアップ

「バックアップを作成」をクリックします。

バックアップを作成

「ダウンロード」をクリックします。

バックアップデータをダウンロード

パソコン上にサイトデータをダウンロードできたら完了です。

ちなみに、バックアップを取ると履歴が残ります。

All-in-One WP Migrationバックアップ履歴

バックアップデータの緑ボタンでダウンロード、グレーボタンで復元ができます。

バックアップデータダウンロードボタン
バックアップデータ復元ボタン

不要なデータは☓ボタンで削除してくださいね。

All-in-One WP Migrationを使ってみよう

今回は、引っ越しとバックアップができるプラグイン「All-in-One WP Migration」の使い方をお伝えしました。

  • All-in-One WP Migrationは、WordPressサイトから別のWordPressサイトへ、データをコピペできるプラグイン。
  • 専用プラグインのインストールで最大アップロードサイズが512MBになる。
  • バックアップ用プラグインとしても使える。

当ブログではバックアップを取るときに「UpdraftPlus」というプラグインをおすすめしているのですが、All-in-One WP Migration の方が操作は簡単ですね。

しかも無料で使えますから。

もし自分のブログのバックアップを取ったことがないなら、ぜひやってみてくださいね。

ではでは。

ただ書くだけじゃブログ稼げない
ビジネスの勉強をしますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です