Gutenberg

【Gutenberg編】絶対使う!WordPressの文字装飾5選

【Gutenberg編】絶対使う!WordPressの文字装飾5選

以前「絶対使う!WordPressの文字装飾5選」という記事を書きました。

でも、クラシックエディタの記事なんですよね。

Gutenbergの普及を応援してる当ブログとしては、ブロックエディタの使い方を記事にしたいところ。

ということで今回は、おすすめ文字装飾をGutenbergバージョンでご紹介します。

文字装飾は読みやすくするため

あなたは「装飾なんて面倒だ」と思ってませんか?

ちょっとでも短時間でブログを仕上げたいですからね。

しかし、やるかやらないかで読みやすさが変わってくるんです。

例えば箇条書き。以下①と②は同じ内容を書いてますが、どちらが読みやすいでしょうか。

おすすめの文字装飾は、見出し、太字、リンク、箇条書き、数字あり箇条書きです。

以下がおすすめの文字装飾です。

  • 見出し
  • 太字
  • リンク
  • 箇条書き
  • 数字あり箇条書き

どうでしょう。②の方が読みやすいと感じませんか?

一度読みやすいと思ってもらえると、他の記事も読んでもらえる可能性が高くなります。

多くの記事を読んでもらえると、良いブログだと判断され、検索結果が上がるようになるんですよね。

1記事2~3分でいいので、文字装飾に時間を割いてほしいんです。

よく使うWordPressの文章装飾5選

ここからは、文章装飾でよく使うものを5つご紹介していきます。

  1. 見出し
  2. 太字
  3. リンク
  4. 箇条書き
  5. 数字あり箇条書き

1.見出し

ブログで必ず使うのが見出しです。

記事のまとまりができて読みやすくなる上に、プラグインをインストールしてれば自動で目次を作ってくれます。


「文章を入力、または / でブロックを選択」左側の「+」マーク

「文章を入力、または / でブロックを選択」という部分にカーソルを合わせると、左側に「+」マークが表示されるのでクリックします。

「一般ブロック」の「見出し」を選択

「一般ブロック」の「見出し」を選択します。

見出しを入力

見出しを入力します。

h2の場合は、これで完了。

H3ボタンをクリック

h3やh4を使う場合は、該当するボタンをクリックしてください。

クラシックエディタとちがって、選択肢にh1がなくなりました。

記事タイトルがh1なので使いませんからね。まちがえて選択せずに済みます。

見出しのルールについては「もう迷わない!5つの見出しルール」という記事で書いてるので、ぜひ読んでみてくださいね。

2.太字

ここだけは読んでほしいとか、特に伝えたい部分など、特定の文章を強調したいときは太字にするのがおすすめ

スマホだと記事を読み流す人が多いです。

太字にしておけば目が留まりやすくなりますよ。

太字にしたい文を選択

太字にしたい文を選択し、「Ctrl」+「B」キーを押します。

「B」ボタンを押しても太字になりますが、ショートカットキーを覚えると作業スピードが上がりますよ。

ボールド適用後

文字が太くなれば完了です。

多用しすぎると、どこが重要なのかわからなくなります。

太字は1記事3箇所くらいにしておくのがおすすめ。

3.リンク

ブログ内の他のページや、他のサイトを紹介するときに使います。

リンクには2種類あるんです。

  • 内部リンク :ブログ内の他のページへのリンク
  • 外部リンク :他サイトへのリンク
リンクを貼りたい文字列を選択

まずは内部リンク・外部リンク共にリンクのURLをコピーし、リンクを貼りたい文字列を選択してペーストします。

リンクのURLをペースト

内部リンクはこれだけで完了。

外部リンクの場合、以下手順も続けて行ってくださいね。

外部リンクのリンク設定

リンクにカーソルを合わせ、「リンク設定」をクリックします。

「新しいタブで開く」を有効にする

「新しいタブで開く」を有効にしたら外部リンク設置完了。

クラシックエディタより操作が簡単ですよ。

外部リンクを新しいタブで開くように設定しておくと、自分のブログのページも開いたままになります。

読み手にとって便利になるし、自分のブログに戻ってきてくれる確率も上がります。

4.箇条書き

複数のことを並べて書くとき、箇条書きにするとスッキリして見やすくなります。

「一般ブロック」の「リスト」を選択

「+」マークをクリックし、「一般ブロック」の「リスト」を選択します。

箇条書き

箇条書きする単語や文章を入力します。

「Enter」を押すと、次のリストアイコンが表示されます。

箇条書き完成

箇条書き完成!

5.数字あり箇条書き

1から順番に並べるタイプの箇条書き。

手順を説明するときに便利ですよ。

「一般ブロック」の「リスト」を選択

「+」マークをクリックし、「一般ブロック」の「リスト」を選択します。

数字あり箇条書き

「順序付きリストに変更」ボタンを押し、箇条書きする単語や文章を入力します。

「Enter」を押すと、次の番号リストアイコンが表示されます。

数字あり箇条書き完成

これで数字あり箇条書きは完成です。

※番号あり・なしはいつでも変更できます。

よく使うブロックはすぐ使える

よく使うブロックを簡単に探せるのが、Gutenbergのいいところ。

「+」ボタンでブロックを追加するとき、使用頻度が高いブロックは「よく使うもの」に表示されるようになるんです。

ブロックの「よく使うもの」

また、特に使用頻度高いブロックは、カーソルを合わせると右側に表示されます。

使用頻度高いブロック

よく使うブロックほど探す必要がなくなります。

【注意】装飾しすぎはダメ

  • アンダーライン
  • マーカー
  • 文字の色を変える
  • 文字の大きさを変える

上記を多用してるブログを見かけます。

でも、装飾しすぎると本当に大事な部分がどこなのか分からないし、なんと言ってもダサい。

いちばん伝えたいところは、太字にしておけば十分です。

詳しくは「記事本文に色文字とアンダーラインが不要な3つの理由」という記事でも書いてるので、よかったら読んでみてくださいね。

簡単装飾で読みやすさアップ

今回は、ブロックエディタ「Gutenberg」での文字装飾についてお伝えしました。

文字装飾をすると読んでもらいやすくなる。

おすすめ文字装飾

  • 見出し
  • 太字
  • リンク
  • 箇条書き
  • 数字あり箇条書き

ほんの数分の作業で読みやすさは大きく変わります。

記事をアップする前に、ぜひやってみてくださいね。

ではでは。

ただ書くだけじゃブログ稼げない
ビジネスの勉強をしますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です