仕事

森友文書改ざん問題から考える、選択肢を増やすことの重要性

森友文書改ざん問題から考える、選択肢を増やすことの重要性

こんにちは。「文書改ざんってよくある話でしょ」と思ってるアズサです。

勝手に8億円値引きしちゃダメですけど。

 

絶賛報道中の森友文書改ざん問題ですが、誰が指示したとかは置いといて。

「書き換えさせられた」「指示されてやらされた」という報道から、働き方の選択肢について書きます。

選択肢が無いと不本意な仕事をすることに

「やらされた」って発言は、

本当はやりたくないけど、やらないと今後どうなるかわからないから、仕方なくやる

という思いから出ます。

もし断ったら、

  • 職場に居づらくなるなるかもしれない
  • 上司が嫌がらせするかもしれない
  • 最悪クビになるかもしれない

という「かもしれない思考」になり、仕方なくやるという選択をすることに。

もし、

  • 不本意だけどやって今まで通りの収入を得るか
  • クビで無収入になるか

の二択だったら、不本意でもやるでしょう。選択肢が無いと、罪悪感を持ち続けることに。

森友文書改ざん問題の場合、男性職員が自殺しています。しかも「自分1人の責任にされてしまう」というメモが残ってたとか。

罪悪感がある上に、ブラック企業並みの残業量。異動もできなかったそう。

誰かに相談できる内容でもありませんからね。しかも、全国で大きく報道されてましたから。

不本意な仕事をしてしまうと、最悪、自ら命を絶つという選択をするかもしれないんです。

また、生き続けるという選択をした場合でも、ネットで名前などが特定されちゃうかもしれません。家族を巻き込んでしまう恐れも。

選択肢があれば不本意な仕事をしないで済む

  • 不本意だけどやって今まで通りの収入を得るか(/ω\)
  • クビで無収入になるか(>_<)

この2つ以外にも選択肢があったらどうでしょう。

もし、本業をしながらブログやアフィリエイトをやってて、月10万円の副収入があったら、

  • ブログを続けながら転職活動する
  • ブログを本業にして、クビになった話をブログのネタにする
  • ブログ副業の方法を教えるビジネスを始める

などの選択もできます。

本業以外の収入があると、選択肢ってめちゃくちゃ増えるんです。最悪の選択をすることはなくなりますね。

2018年は複業がスタンダード

2018年は複業がスタンダード

今は企業に守ってもらう時代じゃなく、生き方・働き方を自分で決めて実行する時代。本業と副業を分けず、複数の本業を持ってる「複業」という働き方もアリ。

2018年は絶好の複業チャンスです。

政府は働き方改革をかかげて、労働環境の改善に取り組もうとしています。その中でも大きな課題は長時間労働の改善。

残業代をあてにしてきた人にとっては大問題ですが、自由な時間が増えるので複業しやすくなります。

それに、残業代とちがってブログとかアフィリエイトの収入には上限がありません。決して簡単に稼げるわけではありませんが、正しい方に向かって地道に続けていけば収入は増えます。

時代に乗り遅れないためにも、早いうちにネットで稼ぐ練習をするのが重要なんです。

まとめ:選択肢を増やそう

選択肢の数は人生を左右します。

特に女性は、ライフイベントで生活が変わる可能性大。ブログとかアフィリエイトならネットとパソコンがあればできるので、引っ越したって続けられます。

勝手に稼いでくれる装置=ブログ」と思って、投資にチャレンジしてほしいです。

女性も稼ぐ力があれば選択肢は広がる
女性も稼ぐ力があれば選択肢は広がるウォンツを満たす商品やサービスを提供することが大切な理由は、 ニーズだけを満たした商品より、ウォンツを満たした商品のほうが売れやすいからです。 ニーズは日常生活の上で必要なものなので、必要になったら当然手に入れたくなります。ただ、必要なだけのモノは、なるべく簡単に安く手に入れたいと考えます。...

 

 

ではでは。

ABOUT ME
アズサ
アズサ
逃げまくりフリーターからWebデザイナーになり、3年間Web制作会社に勤務。 現在はブログ運営とハンドメイド販売をしてます。 ブログ開設のお手伝いや、おしゃれなブログにする方法のご提供など、無料で全力サポートします。

当ブログでは、無料でWebデザインのお悩み相談を受け付けてます。

  • Webデザイン関連:画像作成・配色など
  • WordPress関連:テーマ・プラグイン・操作方法など
  • HTML・CSS関連
  • ブログを始める方法

どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご連絡くださいね。

お悩み受付ページはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です